FANDOM


ゴン=フリークス は、漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、主人公。アニメでの声優は竹内順子(パイロット版では松本梨香)。

概要 編集

287期ハンター。強化系能力者(やや放出系寄り)。くじら島の出身で幼い頃より大自然に囲まれて育つ。幼少期に出会ったカイトにより、自然の厳しさと同時に父親(ジン)のことを教えられ、ハンターに憧れを抱く。11歳の誕生日を迎えた後に、父親を探すためと、自分の夢を叶えるためにくじら島を出て、ハンター試験に挑戦する。

試験の途中で出会った、キルアクラピカレオリオの3人とは共に力を合わせて試験を乗り切り、いつしか友情で結ばれた仲となる。また、同じく試験で出会ったヒソカに才能を認められ、一種のライバル関係となる。その後、クラピカとレオリオとは別れ、キルアと共に世界を見て回る旅に出る。天空闘技場で出会ったウイングによって念能力を教えられ、その基本となる四大行を会得、裏ハンター試験も合格した。

天空闘技場で目的を果たした後は、一時的にくじら島に戻り、父親であるジンの造ったグリードアイランドというゲームの存在を知った。グリードアイランドがヨークシンのオークションに出品されることが分かり、キルアと共に再び旅に出る。クラピカやレオリオとも再会し、幻影旅団とマフィアとの抗争やグリードアイランドへの挑戦などを通じて、実力的にも精神的にも大きく成長し、見事にグリードアイランドを制覇した。その後、東ゴルドー共和国でキメラアントとの戦いに身を投じ、未曾有のバイオハザードに挑む。キメラアントの本拠地である東ゴルドー城でネフェルピトーと再び対面し、カイトの修復を約束させるが、カイトの魂はすでになく、もとに戻すことはできないとピトーから告げられる。その怒りでゴンは、ピトー曰く「ボクを倒せる年齢(レベル)まで」謎の急激な肉体、念能力の成長を遂げ、ピトーを圧倒的な力でねじ伏せた。

性格 編集

好奇心が旺盛で強化系の名に恥じぬ単純な性格。直情的な面もあるが、冷静な面もあり、たまに核心を突く。また、興味のあることには善悪の区別をつけないという純粋さが、逆に危うさでもあるとゼパイルから評された。自然の中で育ったことで、動物と心を通い合わす事が出来る。難しい事を考えられない反面、素直で柔軟な発想をする事が出来る。暗算が苦手らしく、度々クラピカやレオリオに突っ込まれる。また幼さの残る年頃ながらくじら島では何度か観光客とのデートの経験があり、大人の女性に対する対応に慣れている。

野生児並みの格闘センスがあるが、分析能力や基礎体力は欠けるところがある。しかし、それを補って余りある集中力と回復力の持ち主(それゆえにスロースターターでもある)。現在では勝負どころにおけるオーラのMAX値はプロの中堅クラスにも引けを取らないと評される。 その天真爛漫な性格と他人の過去を気にしない優しい心で知らず知らずの内に周りの人に影響を与えている(キルアはゴンを自分にとっての光と称していた)。

しかし、ネフェルピトーによって変わり果てたカイトの姿を見た後は憎しみに我を忘れ残酷な一面を持つようになる。そのため、ネフェルピトーがコムギの治療のために降伏の意を示したときは怒りと理性の狭間で激しく葛藤する。その結果、一度はネフェルピトーを本気で殺そうとするもキルアの説得で思いとどまる。その後のネフェルピトーに対する圧倒的なまでの威圧感と勘の冴えは、実力で勝るネフェルピトーに極度の緊迫を強いるほどであった。

本人に自覚は無いようだが、極度の負けず嫌いであるようで、ヒソカから施しのプレートを受けたときは我慢がならずにつき返してパンチをくらい、ゲンスルーと戦ったときは圧倒的な実力の差を見せ付けられたにも関わらず、一泡ふかしてやると左腕を犠牲にしてまで一撃を与えてみせた(ゲンスルーはそんなゴンの行動をイカレてると評していた)。

一人称は「オレ」。ジンのことは最初は「親父」と呼んでいたが、くじら島に一度里帰りしてからは「ジン」と呼ぶようになった。

プロフィール 編集

  • 5月5日(子供の日)生まれ。
  • 年齢 -12歳(初登場時は11歳)。
  • 身長 -154cm。
  • 体重-49kg。
  • 血液型-B型。

本誌のキャラクター人気投票では3回連続人気No.3。

編集

念能力 編集

放出系寄りの強化系能力者。変化系はやや苦手とする。ナックルの見立てでは、念の絶対量はおよそ21500オーラ(ナックルとの対戦時点)。

ジャジャン拳

「最初はグー」の掛け声で構えを作りオーラを高めた後、じゃんけんに見立てた強化系、変化系、放出系の技を、状況に応じて選択し右手から放つ。構えが明らさまで隙が大きく、相手から技のタイミングを計られやすいという欠点があるが、それを逆手に取ってフェイントを入れることもでき、また「あいこで」の掛け声で連続して技を繰り出すことも可能。

  • グー - 強化系の技。オーラを込めた右ストレートパンチを放つ。ゴンが強化系能力者ということもあり、3種類の中では圧倒的に威力が高い。当たれば格上にも通用する威力で、硬でガードをしていたナックルを一撃で倒している。
  • チー - 変化系の技。手先でオーラを刃状に変化させ、対象を切断する。
  • パー - 放出系の技。掌からオーラの塊を飛ばす。

ジャジャン拳という名前は、ナックル戦で技名を聞かれた際、「ジャ…ジャン拳」とつっかえて言ってしまったのを、そのままナックルが誤解してしまったことに由来している。

その他 編集

  • 念能力を習得するまではジンが少年時代使用していた釣り竿を武器とし、天空闘技場においては闘技場の石板を剥がして相手を攻撃する「石板返し」という技を用いていた。
  • 当初瞳の色は青であったが、アニメの設定にあわせるかのように赤に変更された。[1]

脚注編集

  1. 単行本7巻の表紙の瞳の色が青だったのに対しアニメでは赤かった。
Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゴン=フリークスにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki